公共工事対応 コンクリート劣化防止工法
「ファインクリスタルS&TOP工法」
国土交通省NETIS(新技術情報提供システム)登録番号 CB-150008-A

浸透性常温安定ガラス生成剤+ UV カットポリシロキサン塗料による
改質システム

遮水性能 劣化防止 透湿比95%

「ファインクリスタルS&TOP 工法」は、ケイ酸塩系表面含浸材+超撥水性、塩害対策、中性化抑制を強化したTOP工法です。
国土交通省NETIS(新技術情報提供システム)登録番号 CB-150008-A

概要

ケイ酸アルカリを主成分とする浸透性常温安定ガラス生成剤をコンクリートやモルタルに含浸させることにより、コンクリート内部のカルシウムイオンと置換反応を起こさせる。

このことにより、コンクリート内部に不溶性のガラス物質を生成し、劣化因子の侵入を抑制でき、かつ、表層部を緻密化することにより、表層部強化がされる。
また、無機系塗布剤のUV カットポリシロキサン塗料により、コンクリート表面に撥水層を形成し、高い遮水性能・化学的浸食の低減を図れる。

けい酸塩系表面含浸材の改善効果に関する品質試験結果報告書

特長


従来技術との比較(PDF)

従来技術との比較(PDF)

● 遮水性能

吸水率試験において、吸水に対する抵抗性87%という高い抑制効果が確認されました。

コンクリート表層部の質感を変えずに、高い遮水性能が付与されます。

● 凍結融解対策

スケーリングに対する抵抗性試験において、質量損失抑制比78%という高い抑制効果が確認されました。

寒冷地での外部暴露における、ロングライフサイクルコストの低減につながります。

● 塩害対策

塩化物イオン浸透に対する抵抗性試験において、抑制率62%という高い抑制効果が確認されました。

塩害による鉄筋コンクリート構造物の鉄筋腐食対策として、大変有効です。

● 酸に強い

化学的浸食量に対する抵抗性試験において、抑制率64%と言う高い抑制効果が確認されました。

化学工場、食品工場、発電施設等、様々な化学物質の使用が想定される現場において、優れた劣化抵抗性が付与されます。

● 高い透湿性能

透湿度試験において、透湿性95%が確保されていることが確認されました。

コンクリートの躯体内部に水分を留めない、理想的な表面改質工法です。

● 優れた表面改質効果

耐摩耗性能向上、表面硬度の著しい向上などすぐれた表面改質効果が発揮されます。

※ファインクリスタルS&TOP 工法は責任施工となります。

お問い合わせ